へなちょこSEの考察

0x1E歳のへなちょこSEが、日々思うことを考察します。自社内、金融系を経て現在法人系PKG開発に従事。

herokuでPlay Framework 2.6(Scala)を動かした話

備忘録を兼ねて。 Herokuに登録する辺りの話は書きませんがこちらを参考にしました。

qiita.com

あとPlay Frameworkを動かすのはこちらを参考に。 途中まではそのままです。最後にちょっとつまずきました。

qiita.com

Play Framework 2.6の準備

特に環境作成などはせず、Play Frameworkの公式サイトからサンプルプロジェクトを落としてきます。

https://www.playframework.com/download

適当なフォルダに解凍してコマンドプロンプトでフォルダに移動します。

先のサイトの通り、Procfileを作成します。 中身は先のサイトを参考にしてください。

ローカルのgitに追加してコミット

git init

git add .

git commit -m "init"

herokuにアプリを作成

heroku create app-name

herokuにApplication Secretを追加

heroku config:add APPLICATION_SECRET=[適当な文字列]

herokuにPush

git push heroku master

これで開く、はずでしたが・・・

buildpackの指定とAllowsHostの設定

Play Framework公式のドキュメントにscalaならbuildpackの指定が必要かも、みたいなことが書いてあったのでやってみました。

heroku buildpacks:set heroku/scala

再度Pushしてみたところ、deployは成功。 画面を開くと、Bad Requestの文字が。 まぁ、とりあえず動いたということか。 どうもAllows hostの設定が足りないとか言われたので、application.confの中のAllowed hosts filter configurationでherokuのホストを追加して再度コミット&プッシュ。 めでたくWelcome to Playが開きましたとさ。 さぁ、こっから何をしていこうかな。