へなちょこSEの考察

0x1E歳のへなちょこSEが、日々思うことを考察します。自社内、金融系を経て現在法人系PKG開発に従事。

平和国家を名乗るとして

平和国家を名乗るとして、隣人が暴力を受けているときに、それを傍観、あるいは静止の言葉だけを投げかけるのは平和的だろうか。
そうとも言えるだろうし、そうでないとも言えるだろう。

隣家が暴漢に襲われていた時、隣人が赤の他人なら、警察は呼べども助けはしないだろう。
でもそれが親類や恋人なら、助けに行くのは普通だろう。

密接な関係にある国とは、そんな親類や恋人に該当するような国だろうか。
そこの意識が違うから、余計に意見が別れるのかな。

ただ、他の国から見た時に、「君の国が襲われても助けないけど、僕が襲われてたら助けてよ」なんて言われて助けてくれるだろうか。
戦争を避けたい気持ちと、仕掛けられたら守らなきゃいけないというところの、バランスが難しい。
攻める権利だけは持たない、というところが落ち着きどころのような気はするのだけど。