へなちょこSEの考察

0x1E歳のへなちょこSEが、日々思うことを考察します。自社内、金融系を経て現在法人系PKG開発に従事。

何を売っていくか

お金、欲しいですね。
お金が欲しい、もしくは必要であるために、労働によって対価を得るわけですが、何を売るかというのはいくつか方法があります。

一つにはモノを売る方法。
自分が作ったものを人に売ってお金をもらう。

もう一つは時間を売る方法。
労働そのものを売ってお金をもらう方法です。
アルバイトとかもそうですが、一般的なサラリーマンもこちらですね。

モノを売る方法では、作ることさえできればいくらでも稼げます。
しかし、売れなかったら、一銭も得ることができません。
時間を売る方法は、必ずお金がもらえます(サービス残業とかは除きますが)。
しかし、もらえるお金に限りがあります。
自分が働ける時間以上はお金を得ることはできません。

会社という組織は、基本的にはモノ(サービスを含む)を売ることでお金を得ています。
しかし、そこで働く人は、時間を会社に提供してお金を得ています。
ここが非常に面白い。
もっとも、時間を売るのもサービスの一種と考えれば、結局のところモノを売るのと同じスキームで考えることは可能です。

さて、何を売るにしても、他の人と同じことをしていては、そのモノに価値はありません。
他の人からも買えるなら、なるべく安いところで買うのが当たり前。
買ってもらうには、安いか、他では買えない価値があることが必要です。
特に最近は、アジア各国の製品も十分実用的なものが多いですから、日本製を買ってもらうことは難しくなっています。

個人のレベルでも、よりよい給料を貰いたければ、他では買えない価値を自分が提供できるとアピールしなければならない。
それも、今日はその価値が高くても、明日は安くなってるかもしれない。
常に自分の価値を高める努力が必要です。

話がとっちらかっちゃいましたが、もーすぐ会社につくのでこの辺で。
気が向いたら書き直します。