へなちょこSEの考察

0x1E歳のへなちょこSEが、日々思うことを考察します。自社内、金融系を経て現在法人系PKG開発に従事。

東京を離脱する

これからは地方都市の時代だ、と思います。


東京は地価が高くなりすぎました。
住んでいる人たちは、それなりの給料をもらっていても家賃に多くを奪われ、家賃を安くすまそうと思って郊外に住むことで通勤時間が増えて体力や自由な時間を奪われる。
それに見合うだけのメリットを、東京という街は与えてくれてるのか?


一昔前は、東京でなければ得られないものがたくさんありました。
でも今は、どこにいてもなんでも買える。
ビジネスだって、東京にいなくてもテレビ会議もできる。
企業側も、東京にオフィスを構えるメリットが減ってきているのではないでしょうか?


多くの企業が拠点を地方都市に移したら、それに伴って人口の移動が起こります。
地方の中核都市が大きくなれば、そこから程近い地域も恩恵を受けやすい。
新しいビジネスも生まれるでしょう。
東京も程よい人口に落ち着けば、また違った発展を探れるはずです。


そのためには、地方に仕事を生み出す力が必要かな。